超越と実存

仰々しいタイトルの本書。

読み始めましたが、読み応えがありこれは時間がかかりそうな予感。

そもそも無我である所の自己が抱える自己の問題とどう向き合うか。

Follow me!