行学二道

今更ながら⬇︎を読んでいます。

 

ズブズブの頼りない自分の立ち位置をしっかりとさせるためには、土台の土台からやり直さなければなと。
途方も無いことですが、やり始めないことには先もないので、コツコツ積み重ねて行くしかないですね。

 

読み進めていく中で自分の不勉強が恥ずかしくなりますが、まあサボっていたので仕方がありません。
見栄を張らずに分からないもんは分からない、知らないもんは知らないで、一尋の自分自身を認めて見栄を張らずに、きちんと学んでいこうと思います。

 

読んでいるだけで、ちょっと理解できていな気がするなというようなことが、何気ない生活の中で「こういうことか」と思い当たる。
仏教を学ぶってそんなことの繰り返し。

やはり、「行学の二道」が大切ですね。

 

というか、著者の魚川祐司さんってニー仏さんだったんですね!

知りませんでした!笑

Follow me!